FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やわらかな日差しに花開く

3月29日 東京ではソメイヨシノが満開と発表されましたね。
平年より5日早いとのことです。
寒い冬でしたので、桜も遅れるかと思いきやそうではなかったようです。
我が家の近所の桜も見頃を迎えています。
IMG_4633.jpg

花びらは白く蕾はピンク色。その割合によって、木全体の色の印象が変わります。
IMG_4681.jpg

それにしても、桜は青い空がよく似合いますね。
IMG_4641.jpg

桜は散る頃も美しいですが、もうしばらくは咲いている姿を見られそうです。

日中暖かい分、日が落ちると余計にヒンヤリと感じます。
体調にはお気を付け下さい。

では、また(^o^)丿
  1. 2015/03/30(月) 23:05:36|
  2. | コメント:2
<<薄紅色の波 | ホーム | あと少し!>>

コメント

南部の石割桜

満開の桜を見ると、ある小説の一説が浮かびます。

「南部の桜は岩をも割って咲ぐ」

ぬくぬくと春が来るのを待つではなく、南部武士ならば石を割って咲けと説く。
厳しくもかっこいい一説ですが、私の頭は都合よく難しいご託宣はよそに、厳しい冬と南部の雄大な景色との対比にうっとりしたものです。
その記憶から、この一説が今でもリフレインしてしまうのです。
大河ドラマのイメージと重なり合う、同志社創設者「新島襄」さんの寒梅も同じ過程で私の小さな海馬に納まり、梅の咲く時期にきまって甦ります。

どうやら、きれいな文章や詩というものは、汚れた私の心でも住み着いてくれるようです。。(笑
そして、四季を感じるお写真が、それを忘れぬようにと、改めてその引き出しをそっと開いてくれているのです。

感謝!
  1. 2015/04/01(水) 08:41:43 |
  2. URL |
  3. 福狸 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 南部の石割桜

「南部の桜は岩をも割って咲ぐ」

南部武士の大きな決意を感じる一説です。
この言葉だけで、その小説の悲しい全体像を思わせるような深い言葉ですね。

満開の桜から南部武士に想いを馳せることが出来るのは、小説の中の言葉を大切にしているからこそ、だと思います。
汚れた心の人にはできない技だと思いますケド・・・(笑)
桜や梅がどれだけ日本人に愛されてきたか、ということも改めて感じます。

そして、毎回内容の無い且つ狭~い私のブログの世界を(笑)広げていただき、味の無いサラダに美味し~いドレッシングをかけていただいているような素敵なコメントに、いつも感謝しています。
ありがとうございます!
  1. 2015/04/01(水) 22:29:57 |
  2. URL |
  3. マーシ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マーシ

Author:マーシ
ほんの少しのホッとする時間を大切にしたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
春 (21)
夏 (16)
旅 (42)
初秋 (10)
秋 (19)
冬 (41)
元旦 (2)
初夏 (12)
梅雨 (13)
晩夏 (9)
東京散歩 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。